本文へスキップ

ペット介護士養成講座、「ペット介護士」の資格を認定!

認定ペットシッターとは/ペット介護士

高齢ペット介護

ペット介護士養成講座

認定ペットシッターとは

■仕事内容

ペットにストレスをかけずにケア 
ペットのいる家族が旅行などで留守をするときに、飼い主に代わってペットの世話をするのがペットシッターの仕事である。家庭を訪問して日常と同じ環境で世話をするため、ペットにストレスがかからないことで人気が高い。
 
なお、「ペットシッター」という言葉は商標登録されており、日本でその技術教育を許されているのは、資格認定団体である「全国ペットシッター協会」および養成講座を主催する「ビジネス教育連盟・ペットシッタースクール」のみとなっている。


■取得方法

受講修了後に認定試験 
ペットシッター養成講座を受講後、認定試験を受ける。養成講座は、(1)幅広いペットビジネスが展開できる「6か月標準コース」(294,000円)、(2)忙しい人や他のペット関連資格所持者向きの「短期集中コース」(189,000円)、(3)地方在住者や自分のペースで勉強したい人に向く「通信コース」(126,000円)の3コースがある。
 
いずれも認定試験に合格すると、同団体が認定するパピーティーチャー(子犬の保母さん)の資格も同時に取得できる。


■詳細情報
受験資格: 満16歳以上で、ペットシッタースクール修了生
試験科目: 筆記=動物愛護、動物基礎知識、動物医療、ペット行動学、適正飼育、グルーミング、小動物、ペットシッター実務などから、ペットシッターとして必要な知識と応用問題
試験日: 年数回
試験地: 東京
受験料: 10,500円
受験者: 34人(平成21年6月・12月)
合格率: 95.8%(平成21年6月・12月)


■問い合わせ先
全国ペットシッター協会 認定試験係
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿5-11-1 ホーメスト新宿ビル2階
TEL:03-3341-1117



がくぶん ペット介護士養成講座

ペット介護士
あなたのかわいい愛犬・愛猫がいつまでも元気に暮らせるアイディア、しつけのポイントが満載!

ペット業界への就職を目指す人にもオススメです。

ペットのしつけや健康管理、グルーミングなど、ビデオとテキストで実践的に学べます!